DIYとは?簡単に揃えられるDIYグッツ紹介!

  • 2020年3月29日
  • 2020年3月29日
  • 大工
  • 2view

DIYとは?

DIY(ディー・アイ・ワイ)とは、Do It Yourself(デュ イット ユアセルフ)

の略語で、「自身でやる」という意味になります。

素人(専門業者でない人)が、何かを自分で考えて作ったり修繕することです。

最近では、誰もが聞いたことのある単語で、誰もが簡単に楽しくものづくりの趣味を指す言葉だと、

思われがちですが、実はこの言葉は第二次世界大戦すぐあとの「ロンドン」の事なんです!

戦後、街は崩壊し満足した生活が送れませんでした。

そんな街を悲しく思ったロンドン市民達が立ち上がり「自分で何とか街を復活させよう」

と、掲げたスローガンが「 Do It Yourself 」

これがDIYと略され使われている英語の一文でした。

今や楽しいイメージですが、当時はとてもヘビーな単語だったのです。

無理せず楽しめるのがDIY

木材の採寸したり、カットしたりするのは結構手間がかかり、準備だけで疲れてしまいます。

最近ではホームセンターで木材を購入すると好きな長さにカット出来たり、加工をして貰えたり、

道具を借りてそのまま工作室で加工できたりするので、これらのサービスは最大限に利用しましょう。

必要な道具は?

DIYを始めるにあたって、最初から全部用意する必要はまったくありません

最低限必要な道具、これがあるとかなり時間短縮になる道具を紹介していきます。

インパクトドライバー

  • 耐久性にこだわった18Vプロフェッショナルインパクトドライバー
  • 柔軟性のあるハウジングを採用し、落下等の外部からの衝撃を吸収。高い耐久性を誇ります。
  • 暗い場所でもLEDライトがついているので作業がしやすい。
  • 狭い場所での作業でも、取り回しの良いコンパクト設計のヘッド。全長145mm。
  • 正転・逆転機構でネジの締め緩めが可能
  • 電子無段変速スイッチが搭載されているので、用途に合わせて回転数を変更することが可能です

カナヅチ

・DIYには両面打ちタイプのカナヅチがオススメ!最初は平たい方で打ち、仕上げに丸みのある面で打ち込みください。

サシガネ

直角や垂直をとったり、線が引けます

・基本的に長い方を左手に持ち、短い方に鉛筆を当てながら使用します。

キリ

・釘やネジを打つ前にキリで下穴を開けることによって、真っ直ぐ釘やネジが打てます。

木割れもかなり防げます。

・右の商品はインパクトドライバーの先端部分を外し、取り付けできます。

ノコギリ

・万能タイプで替え刃式となっています。刃が切れなくなった時、刃だけ交換可能になります。

・ちょっとしたカットに最適です。

クギ

木材を繋げる時に使用します。

・カナヅチがあれば簡単に打ち込めます。

ネジ

・インパクトドライバーがあれば簡単に取り付けることが出来ます。

・クギと比べると抜けにくく、締め直しが出来るのでオススメします。

・用途に合わせて長さをお決めください。

木材

・耐久性が良く、カウンターなどに最適です。

・木材は好みの木目・色合いを選んでください。

・値段もそこそこするので、価格と相談しながら決めてください。

グルーガン・ボンド・接着剤

細かい部分の接着に最適です。

・用途に合わせて使用してください。

塗料

  • 製造国:日本
  • 臭いが少なく、乾燥が速く、取り扱いが簡単な水性タイプ
  • 木目をいかした半透明着色タイプ
  • 用途:屋外の木部(ラティス ガーデングッズ パーゴラ ベンチ ウッドデッキ 羽目板 板へい)
  • 塗れないもの:屋内の木製品、吸い込みのない木材(プリント合板・デコラ板)、常に水に浸かっている所、犬小屋・鳥小屋
  • 塗料の種類:水性 浸透性(木目をいかした仕上がり)
  • 用具の洗浄:水(薄めずそのまま使用します。)

ヤスリ

角や表面を滑らかにすることが出来ます。

・怪我防止にとても役立ちます。

まとめ

作りたいものに対してどんな道具が必要か考えて、購入してみてください。

最新情報をチェックしよう!