リフォーム框の使い道。【上がり框との違いは?】

  • 2020年3月28日
  • 2020年3月29日
  • 大工
  • 41view

リフォーム框の使い道

リフォーム框は名前の通り、リフォーム時の使う玄関框です。

既存の上がり框の上から新しく框を被せる手軽に玄関まわりをリフォームできる施工方法です。

リフォーム框の種類

リフォーム框の種類は、メーカーによって多少、形・色は違いますが、

ほとんどが同じL型の形になります。

規格・105x165.5x1950㎜(2950㎜)厚み12.5㎜・15㎜

カラーも大体12種類が用意されており、フローリングと合わせて使用してください。

・ウォールナット

・チェリー

・オーク

・メープル

・ホワイトオーク

・チャコールオーク

・エンジドオーク

・インディゴオーク

・エイジドチェストオーク

・カームチェリー

・ウォッシュドオーク

・アイボリーウォシュ

まとめ

名前だけだと色合いが全く想像出来ませんので、

業者にサンプルを貰って明るい部屋でフローリングと合わせて決めた方がいいです。

最新情報をチェックしよう!